めちゃめちゃ反響いただいてますが、正直やれることを淡々とやっただけなんです。

スクリーンショット 2018-08-24 8.35.36

ども、船長です!

おかげさまで「カモンベイビーオカヤマ!!」の取り組みが大きな広がりを見せています。ご協力いただいた方々、本当にありがとうございました!

ただ、改めて今回の目的や、復興を考えていくにあたって、自分の中で整理するためにこの記事を書いています。

カーモンベイビーオカヤマ_岡山大学撮影風景

目的を見失わないことの大切さ

ありがたいことに、動画の再生回数は昨日時点で、160,000回を超えました。また、転載も含めて約40以上のメディアのみなさんに掲載頂いています。

ネットメディアは、約30媒体(ハフポスト、IRORIO、grape 、他AbemaNewsやLivedoorNewsなど転載)

通信社は、時事通信にて配信頂き、150万人いる時事通信LINEアカウントメディアでもトップ掲載。

そこから新聞社にも広がりを見せて、朝日新聞、山陽新聞、東京新聞など3媒体。

ラジオは、FM倉敷、FMおかやま、FMくらしき。

テレビは、北海道テレビ、フジテレビ、テレビ朝日、日テレ、RSK、TBS、KSB、NHK岡山。(今後放送予定含む)

まあ、こう見るとメディアにこれだけ掲載してもらえたので、成功したように見えますよね。多分代理店の人とか、PR会社の人はびっくりすると思います。お前そのパブリシティーやばいやんって。だけど、目的はメディアに掲載されることじゃないです。

目的は、「この動画をきっかけに、西日本・岡山県に来てもらうこと」。
(もうちょっというと、西日本・岡山県地域に興味関心を持ってもらうこと)

美観地区も災害発生から1ヶ月目は、観光客が普段の半分以下に落ち込みました。そこから、今は普段のシーズンの7〜8割くらいまで回復してきたと聞きます。この動画の取り組みが広がったことで、少しでも寄与できていたら純粋に嬉しいです。

カーモンベイビーオカヤマ_真備町_車窓撮影

ただ、真備町のような被災地域は、まだまだ復興ではなく、復旧段階です。まずはマイナスをゼロに、そしてそこからプラスにする復興を目指していく。

僕は過去に2回ほど、東日本大震災が起こった東北地域にボランティアに行ったことがあります。当時、遺留品捜索のボランティアをしました。そのボランティアをしたのは、災害から2年後でした。2年経っても、まだ家族は捜索を続けていました。当時、なんとも言えない気持ちに、胸が締め付けられてしまいました。

今回の動画は対外向け、つまり被災地外の人たち向けに作っています。ただ、同時に、復旧、そして復興を前に進めるときの、岡山の人たちの心理的な、ソフト面での力になれればと思いながら企画をしました。なので、現場で撮影のディレクションをする時、出演者の方々の「笑顔」や「元気」をとっても大切にしました。この動画が、1年後、2年後の岡山の人たちの支えの一つになれば本当に嬉しいです。

そして、岡山のみなさんがその趣旨に共感してくれて、今回の企画に全面協力してくれたからこそ、本当に笑顔溢れる前向きな動画を作れることができました。ただ、タイトルで淡々とやれることをやったとかカッコつけてるんですけど、撮影現場で睡眠不足と暑さで熱中症になってしまったことは秘密です(笑) あと、背伸びめちゃくちゃしたから届いたところがあります。

でも僕たちは今回の反響に対してとっても冷静で、本来の目的を見失わないためにもあくまで淡々とやったし、今も淡々とやれることをやっている。だからこんなブログタイトルにしてます。

カーモンベイビーオカヤマ_鷲羽山ハイランド_撮影風景

ただ、瀬戸内サニーは起業してからまだ8ヶ月の会社、メディアを開局してから正直4ヶ月の会社です。支えるつもりが、逆にこれだけ多くの方に支えて頂き、これだけ多くの反響を呼ぶことができました。今回、人のありがたさに何度泣きそうになったことか…。本当にありがたくて仕方ありません。

瀬戸内サニーとして、引き続き復興の後押しをし、岡山、西日本に、太陽のような笑顔を増やすことに貢献していければと思います。

瀬戸内サニー株式会社
代表取締役船長 大崎龍史

 

あ、昨日のKSBニュースでも放送頂いたのですが、岡山県知事に素敵なコメントを頂きました。褒められるって嬉しいし、メディアに取材頂けるって素敵なことですね(笑)

以下YouTubeよりKSBニュースをご視聴できますのでどうぞ!


(サムネイル画像:KSB瀬戸内海放送YouTubeよりスクリーンショット)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です