自分は何がやりたいのか、もう一度丁寧に向き合おうという話。

10284042536_5f91892695_c

少し早いですが今年1年を振り返るために、そして最近バタバタしていて自分自身に対して内省をする時間が少なかったので、ブログに書いて整理していこうと思います。

仕事に忙殺されることでの思考と視座のズレ

正直に言います。今回の「カモンベイビー西日本」の取り組みで、僕自身かなり疲弊しました。「企画、現地調整、動画撮影、編集編集、リリース&メディアプロモート」を岡山・愛媛・広島の3本。それを、約3ヶ月の間でやりました。

代理店、制作会社、PR会社でちゃんとプロジェクトチーム10人程度の体制を組んで、1本を2〜3ヶ月かけて企画から実施するレベルのことを本当に数人体制で4ヶ月で実施しました。なので、明らかに自分のキャパを超えた仕事量でした。少しでも被災された方々のためにという気持ちで必死でした。(がっつり関わってくれたメンバー、しっかり休んでくださいね)

なので、最終の広島編リリース後、次は、来年の資金調達や、社内体制や採用関連、今後のメディアの方向性について試行錯誤したりで、バッタバタ…(涙)いつの間にか仕事に忙殺されるような、自分を切り売りするような、あまり良くない思考と仕事の仕方になってたんですよね。

自分は何がやりたいのか、もう一度向き合おう

こういう時こそ、改めて、会社のミッション、ビジョンを整理することが僕は大切だと思うんです。自分の会社は何を使命として、世の中の何を解決しているのかというミッション。そして、どこを目指しているのかというビジョン。改めて僕や会社に関わってくれてるメンバーが「ワクワクすること」、「面白い」と思うことの原点に帰る時間を少しずつ増やしていきたいと思っています。

あと、肩の力を抜くこと。正直、最近ブログを書くこともなんだか変に周りを意識しちゃって億劫でできませんでした。だけども、もっともっと肩の力を抜いていいんじゃないと思うんです。ふにゃふにゃになるくらい(笑)だから最近やたらとサニサニ言ってるんです。サニサニ言ってると肩の力抜けるんですよ。これオススメです(笑)

なので、僕は毎回言っていますが、この会社がうまく行かなかったから、うどん屋さんでもやろうと思っています。香川県でうどん屋さんを成功させる方がもっと難しいとは思いますが、それくらい方の力を抜いて面白いことをやり続けたいという意味を込めてこの言葉を使っています。

とりとめのない文章になりましたが、今の自分が思ってることをまずは少しずつ言葉にするために書きました。これからも定期的に書いて整理しますので、ぜひご一読頂けると嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です