【ご報告】瀬戸内サニー株式会社を設立しました!

バストアップ2

お待たせしました。突然ですが、みなさまにご報告です!実は、昨年末にBuzzFeed Japanを退職して、瀬戸内・香川県にて起業しました!!!以下設立の思いや考えをまとめています。

– – – – – – – – –

瀬戸内サニー設立背景と社名に込めた想い

僕は、瀬戸内・四国地域、そして香川県が大好きです。多様な文化やそこで生活する人たち、疲れた心を癒してくれる瀬戸内海。観光という非日常よりも、その日常が大好きになりました。

それは、香川県での大学生活で出会った人たちが僕にそのことを気づかせてくれました。

けれども、その日常の当たり前にある文化や人々の生活、サービスが人口減少とともに今も失われていっています。

だからこそ、僕は、人口減少時代において地域にいる人々や企業、自治体に寄り添いたい。時代のテクノロジーとコミュケーションとともに、地域の課題を解決する会社を作っていきたい、そのために香川大学を卒業後に上京し約4年間半、デジタルマーケティング支援会社「トライバルメディアハウス」、Yahoo!JAPAN合弁会社「BuzzFeed Japan」にて修行を積みました。

ただ、順風満帆なようにみえる東京生活も、本当に挫折の連続でした。ただ、会社の仲間、先輩・後輩、友人、家族が僕を支えてくれました。だからこそ、これだけ後悔がない東京生活を過ごすことが出来ました。

そして、昨年12月末にお世話になったBuzzFeed Japanを退職し、東京生活を終え、2018年1月11日に香川県高松市に会社を設立しました!!!

社名は「瀬戸内サニー株式会社(Setouchi Sunny, Inc.)」です。3つの想いを込めて名付けました。

1つ目は、地域にとって無くてはならいない存在になりたい。瀬戸内地域から日本の地域に光を照らす太陽(Sunny)のような会社でありたいという想いを込めています。そのためのインフラを作ります。

2つ目は、漫画「ONE PIECE」で出てくるサニー号から着想を得て、漫画の中で新世界を進む船として作られたサニー号のように、自動運転やインターネットテレビ、IoTといったテクノロジーが本格的に普及して、これから大きく時代が動く日本社会において、時代の追い風を受け、新しい日本社会を瀬戸内・四国地域から作っていく船でありたいという想いを込めています。

3つ目は、子どもでも親しみやすくて覚えやすい名前にしたことで、地域の子どもたちが「瀬戸内サニーで働きたい!」や「瀬戸内サニーのお兄さん、お姉さんみたいに地域で活躍したい!」そう思ってもらえる、子どもたちの言の葉に乗り、彼ら彼女らにとって身近な目標となり、憧れの社員が集まる会社でありたいという想いを込めています。この3つの意味をもって、2018年1月11日に香川県高松市より瀬戸内サニー号は出航いたしました。

ベンチャーマインドを持って、日々精進していきます。まだまだ駆け出しの小舟ではありますが、始めから全力でオールを漕いでいきます!!どうぞよろしくお願いいたします!!!
– – – – – – – – –

また、明日もご報告がありますのでお楽しみに!

瀬戸内サニー代表取締役社長 大崎龍史(オオサキリューシ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です