1月11日を「瀬戸内サニー」の会社設立日にした3つの理由

スクリーンショット 2018-01-25 8.44.23

瀬戸内サニーの設立日は「1月11日」。スタート地点という意味で、今までの人生での縁を大切にしたい、そんな気持ちを会社に反映したいと思い、その日を設立日にしました。理由は3つあります。

1.東京生活で自分を育ててくれたプロジェクトに感謝したい。

新卒で入ったトライバルメディアハウスで血反吐を吐きながら尽力し、こんな僕を一人前の社会人に育ててくれたプロジェクト「ポッキー&プリッツの日」が11月11日。今でも11月11日が来るとお祭り騒ぎな気分になるし、コンビニでも棚チェックをして整理してしまうくらい好きなお菓子になりました(笑)その経験があるから、今の自分がある。そのプロジェクトやチームメンバー、クライアントに感謝の気持ちを込めたいという意味でプチポッキーの日である「1月11日」に会社を設立しました。

2.香川県で応援してくれている経営者の方に感謝したい。

また、香川県・高松市の大動脈であるローカル鉄道「高松琴平電気鉄道(略:ことでん)」の設立日が11月1日。

僕が香川県を好きになるきっかけとなったことでん。ことでん経営者の真鍋康正さんは、香川大学生のときからフラットに僕の話も真剣に聞いてくださり、よく飲みにも連れて行っていただきました。そして、今回東京から帰ってきて起業することを応援してくれたからこそ、感謝の気持ちを込めて、ことでんと同じ「1」にこだわった設立日「1月11日」を瀬戸内サニーの設立日としました。

3.たまたま大安の日

これは後から周りの人に言われて気づいたのですが、2018年1月11日はたまたま大安でした。自分の思いや縁を大切にするからこそ、良いことは重なる。今後も縁や思いを大切にしていこうと思いました。

1月11日の会社設立の日を振り返って

1月11日の朝9時に法務局に資料提出に向かいました。家の玄関を出るときは、正直ビビるくらい緊張してました(笑)

ただ、その日は快晴。そののおかげで緊張も解け、自転車で高松港まで向かい、海沿いを散歩してから法務局に向かい、資料を提出しました。(以下、資料提出後に撮影した法務局と快晴)

26793769_1948933108454440_619685667_n

さてさて、これからプロダクト開発に入ります。ぜひみなさんお楽しみにしててください。面白いものガンガン作ります。よろしくお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です